柔術をやる人に柔軟性は必要か?

柔術というと身体が柔らかい人がやっている

イメージがある方もいるかもしれません。

 

試合などを見ると、ネコのように丸まったり

した体制からディフェンスしたり攻撃したり

している選手もよくみます。

 

では、柔術に柔軟性は必要かというと、

特別な柔軟性は必要ないと思います。

 

柔術に必要な柔軟性はある程度は練習の中で

自然と身についてきますし、身体が硬い場合は

それなりの戦い方があります。

 

例えば、空手をやっていて、綺麗な上段廻蹴りを

蹴る為には柔軟性は必要になってきます。

 

 

その為、自分も空手の稽古後等に柔軟をやり開脚が

出来るように努力しました。

 

でも、柔術の場合はそこまで特殊な身体の使い方を

しないので、特別な柔軟性は必要ないと思います。

 

筋力においても同様です。

基礎練習で自然と必要な柔軟性や筋力は身に付きます

ので、安心してください。

 

徐々に出来なかった動き等が出来るようになったり

スムーズに動けるようになった時、成長している

自分に気が付きます。