1人稽古

柔術に限らず組み技系は1人稽古が難しい。

その点、空手は1人稽古でも、結構やれる事が多いです。

型やサンドバッグ、走り込みなどなど。

自分もフルコン空手の現役時代は1人稽古の時間が圧倒的に多かった気がします。

でも、柔術でも1人稽古はできます。

1番いい練習は柔術ダミーです。

これがあると、かなり効果的な練習ができます。

でも、この柔術ダミーはほぼ成人男性と同じ大きさなので、一般的な方にはオススメできません(汗)

では、どうすればいいか?

実はダミー無しでも1人稽古は十分できます。

柔術の道場に通われている方なら、分かると思いますが、基礎ムーブはその代表だと思います。

それ以外にも…

例えば、スパイダーガードなどは、帯を両手で持ち、帯にスパイダーガードをかけて練習できます。

三角締めもクッションなどを丸めて締める練習ができます。

あとは、壁を使ってガードの練習などなど、たくさんります。

慣れてくれば相手を想像しながら、エアーで打ち込みも出来るようになってきます。

あとは、何と言ってもYouTubeからの情報収集ですね。

YouTubeは世界中の柔術家のテクニックが溢れています。

オススメはテクニック動画を見た後に、試合で使われているシーンを確認することです。

自分は試合で使われていないテクニックは基本的に信用しないタイプなので、必ず試合動画をチェックします。

そうする事で、実際に技に入るタイミングや、相手のリアクションも確認できます。

その後にエアーやダミーで打ち込みをします。

そして、スパーで試してみるといった流れです。

柔術をやられている方であれば、実践されているかと思いますが、今回は柔術を始めたばかりの方や、これから始めようという方向けに書いてみました。

少しでもお役になれば幸いです。